格安航空券でJALにマイルを貯めることはできるの?

基本的に可能です。格安航空券であろうが何であろうが、JALの航空券である以上はマイルは貯まります。
あまり良く知られていないことなのですが、国際線の場合、マイレージの貯まり方、積算率とは単に座席のクラス、つまりファーストクラスなのかビジネスクラスなのか、あるいはエコノミークラスなのかだけによって決まっているわけではありません。エコノミークラスであっても内部的には実はいくつもの種別に分かれており、それぞれマイレージの積算率が違うのです。

いわゆる格安航空券と呼ばれる航空券は、Economyclass運賃の中でも特に予約期限や変更などに制約の多い航空券のことを指しています。JALの場合、そういった航空券でも搭乗区間に応じて決まっているマイル数の最低30%は貯まるようになっています。ちなみに、ファーストクラスであれば150%が貯まります。ビジネスクラスであれば一般には125%ですが、最近では海外ツアーでもビジネスクラス利用のツアーがあり、それに適用されるビジネスクラスの種別では70%となります。

ビジネスクラスとエコノミークラスの中間であるプレミアムエコノミーの場合は、一般には100%ですが、パッケージツアーなどでは50%となります。
エコノミークラスは、実はこの種別分類が最も多いクラスなのです。どんな場合に何%の積算率になるか詳しいことはここでは割愛しますが、100%、70%、50%、30%の4つの種類があります。ちなみに、格安だから全て30%になるというわけではありません。そもそも格安というのはあくまで目安というか感覚的な物の言い方に過ぎず、航空会社として格安という名前の航空券を発売しているわけではありません。

感覚的に格安のチケットであっても、結果的に70%や50%の積算率になることもあるということです。ただ、最低でも30%が確保されており、この種別の航空券は0%ですというような航空券は、少なくともお金を払って購入するチケットに関しては存在していません。マイレージを貯めて交換する特典航空券、無料航空券に関しては積算率0%ですが、これはもともとお金を払っていませんから例外です。これらのことから、格安航空券であってもマイルを貯めることは可能です。ちなみにここに挙げた数字はあくまでもJALに限った話です。その他の航空会社では積算のルールがそれぞれ異なりますから、ここに挙げた数字がそのまま当てはまるわけではありません。

投稿日:

JALのマイルを格安航空券で貯めるコツは

JALのmileを格安航空券で貯めるコツは、世界の航空会社連合のひとつである、ワン・ワールドに加盟している航空会社をなるべく利用することです。ANAは、別の航空会社連合に加盟しています。JALが加盟しているワン・ワールドに加盟している航空会社を利用すると、JALのマイルも貯まります。

では、格安航空券の場合はどうかというと、それは格安航空券の種類によります。ワン・ワールドに加盟している航空会社の航空券であっても、エコノミークラスの正規料金なら100%でつきますが、PEX航空券なら国内線は75%に、国際線なら70%に、提携国際線なら50%から70%になります。格安の航空券だと、提携国際線で25%から70%、JAL便なら50%が上限となります。航空会社から旅行会社に、あまりそうな席をまとめ売りしたものがばら売りされた航空券なら、場合によってはマイルがつかないこともあります。それはケースバイケースとなりますので、割引航空券を旅行会社から購入する際に、その都度尋ねることが大事です。

JALカード保持者は、tourプレミアムという名称の会員になれます。そうするとJALのツアーや正規割引運賃で利用した場合の加算率が100%になります。ただ、JALにとっての正規でない割引、つまり旅行会社に余りそうな席をまとめ売りしたものが顧客にばら売りされた航空券だと、もともと加算率が0%のこともあるわけですから、カードのツアープレミアム会員であることがどう判断されるかはケースバイケースです。これもその都度、確認すべきこととなります。

ときどき、大量加算をするキャンペーンをやっていますので、その時期に加算されそうな航空券を使い、貯めるのもひとつの方法です。キャンペーンは不定期ですので、ホームページなどを頻繁にチェックしておきましょう。100%と言っても、もとは1%ですから、普段ならあまり気にかけない金額ですが、やはりポイントやクーポンというのは、捨てるのも惜しいし、できたら効率よく貯めて、まとまった使い方をしたいものです。あれば気になる存在ですから、できれば効率よく貯めるためにワン・ワールドに加盟している航空会社を使いたくなりますね。ただ、もともと航空券は相当高額でしたから、格安の航空券を利用した場合の差額のほうが気になる面もあります。実際に支払う現金が少なくて済むわけですから、そちらが最優先とはなるでしょう。”

投稿日:

格安航空券でもJALでマイルを貯める!

格安航空券でもJALでマイルを貯めることはできます。もちろん格安といえばエコノミークラスでしょうが、エコノミークラスであっても多くはマイレージが貯まるようになっています。このあたりは実はかなり細かいルールがあり、本当に正確なところは航空会社の係りの人しか分からないかもしれませんが、同じエコノミークラスと一口に言っても、座席としては同じであっても航空券のクラスとしてはさらに細かく分かれているのです。

エコノミークラスの正規運賃で購入したクラスであるとか、正規割引運賃のクラス、パッケージツアーなどで適用されるクラス、そしてそれぞれのクラスの中でも予約の時期や予約の変更に対する制限の度合いによって航空券のクラスが分類されています。航空券をよくよく確認すれば、予約クラスというのがアルファベット1文字で書いてあるのを見つけることができるかもしれません。
この予約クラスがYやBであれば、エコノミークラス正規運賃あるいはそれに準じる運賃です。この場合は、積算率100%でマイレージを貯めることができます。つまり、フライト距離に応じたマイレージが100%そのまま貯まることになるわけです。

HやK、Mであれば、一部の正規割引運賃、あるいは一部のパッケージツアーで適用される予約クラスになります。これらの予約クラスであれば積算率は70%です。LやSという記号もあり、これは積算率50%になります。Qであれば積算率は30%です。そして、積算率0%とされる予約クラスもあるとされています。
ただし、ここに挙げた予約クラスはあくまでも代表的なものです。

これ以外のアルファベットが付されている場合もありますし、その場合でもマイレージが積算されることがあります。さらに言えば、上に挙げたアルファベットの予約クラスであっても、そこに書いた積算率でない場合もあるとされています。ですから、先ほど書いたように、本当に正確なところを知りたければJALの係りに尋ねてみないと分かりません。
ちなみに、マイルの積算率が低いほど航空券の価格も安いことが普通ですが、もちろん航空券の価格は時期や予約状況などによっても変わってきますから、一概には言えません。

ある一つの飛行機において、購入したときの値段がより高いほうがマイレージの積算率が常に高いとも言い切れないわけです。
このように考えると、航空券の値段というのは非常に不思議なものです。だからこそ格安航空券と呼ばれるものも存在しえるのでしょう。”

投稿日:

格安航空券でJALにマイルを貯める際に気をつけたいこと

格安航空券でJALにマイルを貯める際に気をつけたいこととしては、値段と貯められるマイレージ数とは必ずしも比例しないということです。もちろん、一般論としては値段の高い航空券のほうがより多くのマイレージが貯まり、値段の安い航空券はあまりマイレージが貯まらないか全く貯まらないことが普通なのは間違いありませんが、常にそうなっているとは限りません。
ということで、格安航空券を購入する際には、同じエコノミークラスでもどういう運賃種別の航空券かを気にしておく必要があるのです。

JALの場合、最も値段の安いタイプの航空券はダイナミックセイバーと呼ばれるタイプです。これは積算率が50%又は70%です。ということで、同じダイナミックセイバーでも積算率には違いがあります。細かくいうと、ダイナミックセイバーはタイプAからタイプFまで6段階の運賃種別に分かれています。基本的にはタイプAが最も高く、タイプFが最も安い運賃なのですが、空席状況に応じて変動があります。もちろんタイプAが最も制限が緩く、タイプFが最も制限が厳しいです。とはいっても全てがかなり制限の厳しいタイプの運賃ですから、タイプAであっても予約の変更は一切できません。一応、タイプAからCまでは積算率が70%、タイプDからFまでは積算率50%とされています。

しかし、エコノミークラスの運賃種別は何もダイナミックセイバーだけではありません。いわゆるパッケージツアーに適用される運賃種別もあります。その場合も基本的には70%又は50%とされていますが、実際の航空券の種別によって差があります。場合によっては積算率0%となる航空券種別もありますが、詳しいところは航空会社の窓口に聞かないと分かりません。航空券や予約確認票などを見ると、予約クラスというものが書かれているはずです。

アルファベット1文字で表示されていて、HとかLなどと書かれています。この記号ごとに積算率が決まっているのが原則ですが、あくまでも原則に過ぎません。国際線の航空券に関しては、相当に複雑な規則があるのです。
ということで、まとめますと、一般的には値段の高いほうが貯まるマイル数も多いけれども、常にそうなっているとは限りません。一応は、70%又は50%の積算率が適用されることが多くはなっていますが、絶対ではありません。もし確認したければ、自分の航空券の予約クラスを確認したうえで、JALの窓口に相談しましょう、ということになります。

投稿日:

格安航空券でJALにマイルを貯めるメリットは

格安航空券でJALにマイルを貯めるメリットですが、もちろん一番大きいのは貯めたマイレージの使い道の多さでしょう。貯まったマイレージに応じて、国内線だけでなく国際線、さらには提携先の航空会社の特典航空券にも引き換えられる充実したネットワークが魅力でありメリットということになります。提携先とは何かといいますと、加盟している航空連合のことです。JALはワンワールドという航空連合に加盟しているために、その中の航空会社であれば国際線の特典航空券にも引き換えることができるのです。

例えばアメリカ方面であればアメリカン航空、ヨーロッパ方面であればフィンエアーやブリティッシュエアウェイズ、アジア・オセアニア方面であればキャセイパシフィックやカンタス航空などがワンワールドに加盟しています。
往復の特典航空券の引き換えに必要なマイレージ数ですが、国内線であればだいたい15000程度です。もちろん路線や時期によっても異なります。
国際線の場合は、もちろん航空会社や路線、時期によっても差異はありますが、アジアであれば20000から40000程度です。ヨーロッパやアメリカであれば50000から60000程度です。ちなみにこれはエコノミークラスでのものですが、ビジネスクラスであればだいたいこの2倍程度、ファーストクラスでは3倍程度になっています。

実は貯めたマイルを最も効果的、お得に使う方法は国際線のビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券に引き換えることだと言われています。エコノミークラスに関しては最近では割引運賃も充実してきていて、マイレージの価値はせいぜい2円程度かもしれませんが、ビジネスクラスやファーストクラスに関してはそのような割引運賃はあまりありません。ですから、ビジネスクラスの特典航空券と引き換えると、マイレージの価値は少なくとも3円から4円程度、ファーストクラスでは、場合によっては10円程度にさえなると言われているのです。

それで、格安航空券で一体どれくらいマイルが貯まるのかが気になるところでしょう。いくら貯めたマイレージの使い道が魅力的でも、貯めるのにあまりにも労力がかかっては意味がありません。この点、JALの格安航空券はかなり充実しています。50%から70%程度の積算率でマイレージを貯めることができますから、大雑把に言って東南アジア往復で3000から4000程度、欧米への往復ではその2倍くらいは貯まるでしょう。